胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは

食道から胃・十二指腸まで直接観察する検査です。


異常疑われる部位があれば、その場で組織検査をできるのが最大の利点です。組織検査は内視鏡を通して小さな組織片を痛みもなく採取できます。 がんなど微細病変の早期発見のために、NBI(狭帯域光観察)を行っております また当院では経鼻内視鏡検査も行っております。


NBIとは?

がんなど微細病変の早期発見や術前の病変範囲の精密診断などを目的に、病変の特徴である粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜の肥厚、深部血管などを、光の波長を制御することによって画像を強調表示する方法です。

経鼻内視鏡検査(鼻からの内視鏡)

 通常、口からカメラを挿入いたしますが、希望により鼻よりカメラを挿入し検査する事が可能です。
 胃カメラは苦しい・辛いと敬遠される検査です。それはカメラが舌の付け根を通過するため、吐き気が誘発されてしまうからです。そこで、直径5〜6mmの細いカメラを鼻から挿入することで舌の付け根を通らず吐き気を誘発しないため、不快感を軽減することができます。
 しかし、一方でカメラが細いため、一般の内視鏡(経口)と比較するとやや時間がかかり、また画質が劣ってしまいます。さらに患者様によっては鼻からの挿入が難しい場合もありますので、そのような場合は通常の経口からの検査となります。

《注意》
経鼻内視鏡が出来ない方

  • 鼻出血しやすい方
  • 耳鼻科に通院している方、または通院していたことのある方 
  • 鼻の手術を受けられたことのある方
  • アレルギー性鼻炎のある方
  • 鼻腔の狭い方
  • 出血傾向のある方(心疾患・脳梗塞等、血液をサラサラにする薬剤を服用中の方)

食道・胃・十二指腸の症状で胃内視鏡検査が必要な場合

  • 上腹部痛、便がいつもと違い黒い、だるい、疲れやすいなどの症状のある時は直に精密検査が
    必要です。また、のどの違和感、胸焼け、物がつかえる感じ、胸部や 上腹部不快感、吐き気、嘔吐、
    食欲不振、などの症状がある時。
  • 上記症状が生活の改善にもかかわらず、1週間以上続いた時。
  • 検診で異常が認められた方。過去に慢性萎縮性胃炎を指摘された方 。
  • ペプシノーゲン検査で胃の萎縮が指摘された方。

検査の流れ


  •   原則予約制です。
      

  •     基本的に初診の電話予約による検査は行っていません。一度来院してから、診察を受けて
        いただきます。その際に、一番新しい健康診断や血液検査のデータがありましたら一緒に
        お持ちください。また、現在飲んでいる薬剤をお持ちいただくか、お薬手帳をお持ち下さい。

  • 《重要注意事項》

     現在、服用している薬剤で、血液をサラサラにする薬剤を服用している方は必ずお知らせ下さい。

       内視鏡検査時、必要に応じて組織検査やポリープ切除術を行います。その際、粘膜の一部を
       採取・切除するため粘膜の表面に傷ができ出血することがあります。普通その出血は自然に
       止まりますが、血をサラサラにする薬を服用していると、その傷口からの出血が止まりにくく
       なります。

       内服されている方は、事前に一定の休薬期間があります。
     (ワーファリン、バファリン、アスピリン、パナルジン等の抗凝固剤・抗血小板薬)

       場合によって内視鏡検査を受けられる前に、一旦中止することが可能か主治医の先生に確認を
       していただくことがあります。

  •    何か疑問な点、わからないことがあればどんなことでも、ご遠慮無く相談して下さい。

  • 検査前日


  • ・ 比較的軽めの夕食を夜9時までに取って下さい。

    ・ 水分は十分にとってかまいません。

    ・ アルコールは止めて下さい。

    ・ 普段から飲んでいる薬剤はいつものように飲んでいただいてかまいません。

  • 検査当日


  • ・ 食事はしないで下さい。

    ・ 水分(水、お茶、スポーツドリンク)は飲んでいただいてかまいません。

    ・ 通常飲んでいる血圧や心臓の薬剤は起床時に内服して下さい。

    《注意》
    ・ 糖尿病の薬剤は内服しないで下さい。(インスリン注射も含む)
    ・ 予約時間の10分ぐらい前にお越し下さい。
    ・ 来院の際はおなかを締め付けないようなゆったりした服装いらして下さい。
    ・ また、検査後、前処置の注射の影響がとれるまでに時間がかかりますので、余裕を
      もっていらして下さい。
    ・ 検査の際に使用する注射の影響で、めまい・ふらつき・眠気等が起きることがありま
      すので、来院する際は車や自転車を運転して来院することは絶対にしないで
      下さい。どうしても大切な用事のある場合、又は運転をしなければならない場合は、
      事前に医師または看護師に気兼ねなくご相談下さい。

  • 内視鏡室にて


  •  咽頭麻酔をします。患者様の体の状態や年齢・体格等を考慮し丁寧に麻酔かけます。

         その後、鎮静剤を注射し脈拍や体の中の酸素濃度を測るモニターを付け検査となります。
         約5〜10分で検査は終了します。

         検査中、テレビの画面にて検査部位を見ることができます。ご希望の方は遠慮なくお申し出
         下さい。


  • 【食道がん (進行がん) 】
    【早期食道がん】

    検査終了


  •  検査終了後、しばらく休んでいただきます。ご気分が悪い時はすぐに医師、看護師にお伝え
     下さい。
     その後、検査内容について御本人・御家族に説明致します。

    《注意》
    ・ 咽頭麻酔の影響で喉に違和感が残ります。約1時間程で麻酔が取れますが、それまでは水分・
      食事は取らないで下さい。(まず、水を摂取しむせたりしなければ食事を摂ってかまいません。)
    ・ 組織検査をした場合は、検査終了2時間後から水・食事の摂取が可能となります。
    ・ 組織検査の結果は約2週間後になります。


  • 【胃がん (進行がん) 】
    【胃がん】
    【胃がん (早期がん) 】

    ピロリ菌について

    ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)は、ヒトなどの胃に生息するらせん型のグラム陰性桿菌です。この感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃癌やMALTリンパ腫 特発性血小板減少性紫斑病、などの原因になることが報告されています。 若い人では感染率は低いですが、40歳以上では7〜8割の人が感染しています。しかし、感染しているからといって必ず病気を発症することはありません

    ※現在、治療(除菌)は胃・十二指腸潰瘍のみが保険適応になっております。

    【胃潰瘍】
    【胃潰瘍】
    【多発胃潰瘍】